県議会改革をやりとげます!
 ○議員定数を削減します!

 公明党が公職選挙法の改正を強力に推進、政令市の選挙区を「行政区ごと」から「大きな選挙区」(政令市に2つ以上)に設定できるようになりました。「大きな選挙区」を実現することで、政令市選出の県議会議員数を削減することができます。横浜市は41から28川崎市は15から11相模原市は8から6に、県全体で定数を105から86へ削減します。

 ○政務活動費を改革します!

 政務活動費の支払方法を、領収書をもとに後払いで精算する「実費弁償方式」に改革します。使途基準なども抜本的に見直し、専門家など第三者の見識を反映させます。

 ○開かれた議会をつくります!

 公正な立場で議会を監視する「公認オンブズマン制度」を創設します。ネット中継を委員会にも広げます。

《今後の取組み》
 災害対策の強化について

 津波対策、河川改修、公共施設の老朽化対策を強化します。頻発する自然災害に対し、県独自の支援制度を創設します。

 がん対策の充実について

 第4の治療法「がんワクチン療法」の確立と普及に取組みます。最先端の検診方法を確立させ、検診率の向上、早期発見につなげます。

 生活支援ロボットについて

 人口減少・超高齢化社会に対応し新たな福祉に役立つ生活支援ロボットを、施設や家庭へ普及させます。

 子育て支援の充実について

 幼児教育費の保護者負担を軽減します。多様な保育の受け皿を確保するとともに、潜在保育士の現場復帰を促進します。

 犬猫殺処分ゼロを目指して

 終生飼育の意識啓発を図るとともに、飼い主を記録するマイクロチップ装着を推進します。

 地域振興について

 藤沢高校、江の島女性センター跡地利用については、地域の意向を反映させます。片瀬江の島駅舎及びターミナル周辺の整備や相鉄線の延伸等を促進します。

Copyright 2002-2015, Hitoshi Watanabe All Rights Reserved.