渡辺ひとし 神奈川県議会議員

トピックス

■ がんゲノム医療 体制が拡充!

県議会第1回定例会の代表質問で私は、県立がんセンターでは、今後どのようにがんゲノム医療の提供体制の充実強化を図っていくのか、また、どのようにがんゲノム医療を県内に広く普及していくのか質問した。

これに対し知事は、県立がんセンターでは、遺伝子パネル検査から、結果の解析、医学的な解釈、患者への説明を一体的に行う、がんゲノム専門の診療センターを新年度に立ち上げる。また、患者の相談の専門窓口となる「がんゲノム診療相談センター」を4月に開設する。さらに、地域の医療機関に対し、対象となる患者の条件や受診手続きについて周知し、連携を強化することで、患者が身近な地域でがん治療を続けながら、必要な時にがんゲノム医療を迅速に受けられるよう取組むと答弁した。

■ 私立高校授業料無償化 拡充を検討!

県議会第1回定例会の代表質問で私は、今年度から実施した年収約590万円未満世帯を対象とした私立高校授業料の実質無償化の効果について、どのように捉えているのか、また、今後の対応を質問した。

これに対し知事は、平成30年度の私立高校への進学者数は、前年度より289名増加した。また、県内私立高校の平均授業料が上昇していることから、補助限度額を43万2千円から44万4千円に増額する。さらに来年度、中学3年生のいる世帯を対象にアンケートを実施し、所得や子どもの数に応じた教育費の負担感などを把握し、本県の実態に応じた独自の支援策を検討すると答弁した。

■ 県立学校のエアコン 設置が促進!

県議会第1回定例会の代表質問で私は、県立学校のエアコン設置について、昨今のいわゆる「災害級の暑さ」の中、子どもたちが安心して教育活動を行えるのか心配である。また、災害を想定した場合、避難所機能として設置が必要であると質問した。

これに対し教育長は、現在、高校では、すべての普通教室にエアコンを設置しているが、その他の教室等については、今後、5~6年程度で、エアコン設置を進める。高校の特別教室については、視聴覚教室などに計画的に設置していく。また、特別支援学校については、体温調整が困難な児童・生徒もおり、今後、全ての特別教室に設置する。さらに、特別支援学校の体育館については、比較的規模も小さいことから、設置に向けた調査を進めると答弁した。

■ 未病指標 取組みが前進!

県議会第1回定例会の代表質問で私は、健康寿命の延伸に向けた未病指標について、最終的に心身全体の未病状態を見える化する「総合的な指標」の取組みの現状と、WHOとの連携も含めた今後の展開について、どのように考えているのか質問した。

これに対し知事は、今年の秋に開催を予定しているME-BYOサミットで、「総合的な指標」のモデルを示し、WHOの専門家も交えて議論していく。また、「総合的な指標」の有効性の検証や精緻化を進め、WHOや市町村とも連携を図りながら普及に向けて検討を深めると答弁した。

■ 災害への対応力 更に強化!

県議会第1回定例会の代表質問で私は、国土強靱化基本計画の見直しも踏まえ、大規模な自然災害に備え、災害対応力の一層の充実・強化に取組む必要があると質問した。

これに対し知事は、「かながわ消防」の仕組みの創設、国内最大規模の災害救助訓練施設「神奈川版ディザスターシティ」の整備など、全国に類をみない取組みを進めてきた。来年度は、こうした様々な取組みを、引き続きしっかりと行っていくことに加え、防災行政通信網の再整備や、現地災害対策本部の機能の見直しなどに取組むと答弁した。

■ 夜間中学 設置に向け大きく前進!

県議会第1回定例会の代表質問で私は、「夜間中学」の設置に向けた市町村教育委員会との検討の進捗状況、及び今後の取組みについて、質問した。

これに対し教育長は、相模原市教育委員会が、アンケート調査を実施した。こうした市教育委員会の動きや、設置主体となる市町村の意向を十分に踏まえながら、教員配置や県立学校の施設活用を含め、必要な支援を検討し、広域的な仕組みを構築するため、関係の市町村教育委員会との調整を行い、設置に向けた具体的な検討を進めると答弁した。

■ 特殊詐欺対策 迷惑電話防止機器を普及!

県議会第1回定例会の代表質問で私は、特殊詐欺対策について、被害者の約7割が65歳以上の女性であることを踏まえた対策強化が効果的である。また、巡回連絡等を通じた広報啓発活動の強化も必要であると質問した。

これに対し警察本部長は、全職員が、巡回連絡をはじめ、あらゆる警察活動を通じて広報啓発に取組んでいる。また、犯行グループからの電話を遮断する効果の高い迷惑電話防止機器の無償貸与の取組みを引き続き行うと共に、普及促進のための対策を強化すると答弁した。